Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仰天!まるで生き物の様な建物・超現実主義的トリックアート厳選10選

シェアする

ジョン・ピューとジュリアン・ビーバー壁面と路上の2人の巨匠 

周りの風景と一体化した別世界を作り出すイリュージョン

思わず見とれてしまう神業級のワザを持つトリックアートが凄すぎ!

仰天トリッキーな世界とは・・・

スポンサーリンク

ジョン・ピューの壁面アート5選

出典:https://www.liveinternet.ru

超現実主義的巨匠のジョン・ピューは、1957年にアメリカのイリノイ州生まれ。

カリフォルニアを中心に活躍している世界に有名な芸術家です。

壁面に描く作品が目を見張るすばらし!

化粧漆喰の上にアクリル絵具で描いた錯覚を利用した絵画は、見る者の目を不思議な世界へ誘います。

光の錯覚で3次元壁画トリックアート200余りの作品からを厳選5点を紹介します。

スポンサーリンク

1 手前の人と木はほんものですが、壁に陽炎の様に歪んだ建物のデザインが描かれている大きな壁画は、まるで写真の様でみごとなトリックです。

出典:http://karapaia.com/archives/52101132.html

2 金属の質感が見事で、飛び出してる見えるトランペット。

出典:https://artofjohnpugh.com/portfolio/

3 砕かれた壁と内側の円柱がまるで本物の様! 実際の建物との連携でとても絵だとは思えませんね。

1981年にカリフォルニア州立大学チコ・キャンパスにこの壁画が完成したが、通る人は見とれてしまい度々軽い事故を起こしてしまうのだとか。

出典:http://www.ilusionario.es/CONTEMPOR/john_pugh.htm

4 カリフォルニアのレストランの外壁側面に描かれた絵は、街路から覗いている女性も描かれたものです。

1996年作で大きさは4×5m

EPSON MFP image

出典:http://www.ilusionario.es/CONTEMPOR/john_pugh.htm

5 証明に照らされて、まるで奥まで見えるような錯覚壁画です。

壁の絵と本物の床との境界わかりますか?

出典:http://sirufu999.blog.so-net.ne.jp/2014-09-13-1

壁面トリックアート凄いと思いませんか?

スポンサーリンク

ュリアン・ビーバーの路上アート5選

路上3Dアートの世界での第一人者と称される、ジュリアン・ビーバーは1959年イギリス出身。

光と影の巧みな描写は本物の様に立体的です。

横2.39:縦1 の横長比率を用いたシネマチック描写の「アナモルフィック舗道幻想」や「舗装道路のピカソ」とも呼ばれています。

路上や建物と一体化させた、別世界を作り出すセンスは神業で、凄すぎる立体感にビックリ!

*オイルチョークとは油性なので濡れても消えずに 色が鮮やかで、木材、道路表示、ブロック、コンクリート、鉄、ガラス、石などにもよく描けるそうです。

スポンサーリンク

それでは路上アート厳選5つを紹介します。

1 大きなコーラの瓶が絵だなんて、思えずさわりたくなりますね。

出典:https://jingjung.wordpress.com/

2 ここが路上の表面とは信じられないリアルな奥行と美しさ。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/350366045983368866/

3 鮫が待ち受ける悲劇1秒前の画像ですが、なぜか楽しそう!

とてもリアルですが、よく見ると滝壺の上にタイルの継ぎ目らしき線が、、、やはり路上アートだったので安心して見ている事ができます。

出典:http://www.shinbun-p.co.jp/blog/2011/01/post-222.html

4 本当に水を出している様に見えるホースを持っているおじさんが、作者のジュリアン・ビーバー氏本人。

描くのに難しそうなザラザラな路上で、しかもチョークだけで水の質感をよく表現できますね。

出典:http://dengekiranking.net/amazingtrickart

5 を向いているのも作者、今にも落ちそうな臨場感ですね。

出典:http://netcharge.blog120.fc2.com/blog-entry-10.html

まとめ

こんな不思議な楽しい騙され方であれば、いくつでも歓迎ですよね。

スポンサーリンク