Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

驚愕!絶叫暴言のパワハラ豊田真由子議員

シェアする

永田町のピンクモンスター豊田真由子エリート議員、度重なる暴行・暴言に耐え兼ねた秘書が、証拠の肉声テープを公開

絶叫内容とは、


スポンサーリンク


絶叫暴言にあんぐり

提供:http://free-photos.gatag.net/2015/03/07/000000.html

原因は、支持者に送付するバースデーカードの宛先とカードの名前が違っていた事によるものです。

「このハーゲーーッ!」

「ちーがーうーだろー!」

「おまえ、頭がオカシイよ!!」

「私の支持者を怒らせるなー!」

「(おまえ)生きてる価値ないだろ!!」

一部だけですが、運転中の秘書をグーパンでなぐりながらの絶叫は、40分近くも続いたようです。

被害者の秘書には20才になる娘がいるそうですが、脅迫の可能性が示唆されている自作の歌も。

「そんなつもりじゃなくても~♪ お前の娘をひき殺して~♪」

「そんなつもりじゃなかったです~♪♪って言われているのと同じ~~♪」

よく議員やっていられたと思いませんか?

人間として、社会人としてあきれますね。

辞めた秘書は100人!

今まで辞めた秘書は1年半で20人、5年間で100人だそうです。

一般的に、社員の出入りの激しい所は処遇に問題アリの所が多いですが、永田町でも、こんなことが起きていたんですね。

刑事事件!?

秘書は「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」の診断書をだしているので、暴行、傷害が立証できれば、刑事事件になるようです。

今回だけでなく、殴る蹴るハンガーで叩くなどは日常茶飯事だったそう。

制御不能だったんでしょうか?

相当みなぎる活力が相有りそうなのに、秘書への謝罪はなく当の本人は入院という手法で雲隠れ?

スポンサーリンク


阿部首相も頭を抱える

自民党の阿部チルドレンのあいつぐ2回生議員の不祥事、記憶に新しいところでは、

重婚ウェディングのゲス不倫として名を馳せた中川議員

育休取得を掲げ、妻の妊娠中に不倫のイクメンパパ宮崎議員

阿部晋三首相は、下村幹事長代行に、

「けじめをつけるように。(今後は)ないようにして

と、不祥事の再発防止を指示したもよう。

都議選を直前にひかえている自民党は、「やらかしてくれた」2回生議員の問題児、豊田真由子にどういうケジメのつけ方をするのでしょうか?

都選出の衆院議員は「都議選じゃなく内閣不信任選挙になる」との心配の声も。

豊田真由子議員側は、暴行については認めているようで、金銭での解決を目指しているというはなしが出ているようです。

辞職や金銭だけでは済まないような気がしますよね。

豊田真由子の最凶伝説

それは、天皇皇后両陛下が主催し、赤坂御所で行われる催しの「園遊会」での事。

連れは配偶者しか入場できない園遊会で、招待されていない母親を、会場に入れようとして止められ、母親の事を「配偶者だ!」と絶叫し、強行突破したというのが伝説になったのだとか。

まとめ

凶暴な事務所の独裁者「ピンクモンスター」のパワハラに、誰かたしなめた人はいなかったのでしょうか。

永田町の中の現実はわかりにくいですね。

スポンサーリンク