Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三角関係の谷本マチ子容疑者・顔画像は?女性(67を)殺害で二股男性(80)は意識不明の重体

シェアする

このさむ空に67歳女性は全裸のまま死亡し、男性(80)は殴られ脳内出血で意識不明の重体のという三角関係の末路の悲惨は事件が起きてしましました。

恋愛のトラブルに年齢には関係なさそうですね。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年2月3日に和歌山県で谷本マチ子容疑者(64)が、三角関係のもつれの結果殺人と傷害容疑で逮捕されるという事件です。

2日正午ごろ、和歌山県御坊市野口の無職男性(80)の家族から「父親が帰ってこない」と県警御坊署に届け出があった。

捜索していた署員が男性の交際相手で、清掃員の栗田ヨシ子さん(67)=御坊市藤田町藤井=の自宅の土間で、裸の状態であおむけに倒れ、死亡している栗田さんを発見。

さらに、この家で手首から血を流して倒れている男性も見つけた。男性は意識不明の重体。

同署が近くに住む無職の女(64)に事情を聴いたところ、1月に男性の顔を殴ったことを認めたため、傷害容疑で逮捕した。

逮捕されたのは、御坊市藤田町吉田、無職、谷本マチ子容疑者。谷本容疑者と栗田さんは、それぞれ男性と交際していた。

1月23日未明には、栗田さん宅前でこの3人が口論しているとの110番があり、署員が仲裁に訪れていた。

谷本容疑者の逮捕容疑は、1月22日深夜から23日未明にかけ、栗田さん宅で男性の顔や頭を拳で殴りけがをさせたとしている。

「私以外の女の人の家に行かないと(男性が)言っていたのに行ったので腹が立って殴った」と容疑を認めている。

一方、司法解剖の結果、栗田さんの死因は低体温症とみられ、目立った外傷はなかったという。

現場は、JR紀勢線道成寺駅から約450メートル南の住宅街。

産経WEST

藤田町の清掃員栗田ヨシ子さん宅へ谷本容疑者が乗り込んで激情のあまり、修羅場を繰り広げてしまったようですね。

3人の中では一番若いですが64歳の谷本マチ子容疑者は、80歳とはいえ男性を殴り大けがをさせる程の力がある人かも知れません。

スポンサーリンク

同署によると、谷本容疑者と栗田さんは、それぞれ圦本さんと交際していた。司法解剖の結果、栗田さんの死因は低体温症の疑いで、大きな外傷はなかった。

住宅の土間に裸であおむけに倒れており、圦本さんは居間に倒れていた。

日本経済新聞

以前からもめていたようです。

 

近所の人:「三角関係のトラブルがあったみたい。(先月22日)栗田さんが僕に助けを求めて『警察に電話してくれ』と」    テレ朝ニュース

栗田ヨシ子さんは住宅の土間に裸であおむけに倒れ、警察の司法解剖の結果、栗田さんの死因は低体温症とみられ、目立った外傷はないとの事でした。

女性は嫉妬をすると男性に非がある場合でも、ほとんどが相手の女性に憎しみは向かうらしいです。

もともと裸だったのか、裸にさせられたんでしょうか?

仕事を持ってない様なので尾行でもしていたのか、他の女性の所にいる事がどうしてわかったんでしょう。

嫉妬の言動力はすごいですね。

スポンサーリンク


谷本マチ子容疑者の顔画像は

どの報道の中にも出てはいませんでした。

Facebookアカウントを、念のため調べてみました。

断定する事はできませんが、気になる方は見て下さい。

谷本マチ子のFacebookのアカウントの検索結果はこちら

事件現場はここ

Googleマップから引用

御坊市(ごぼうし)は、和歌山県中部に位置する市。

和歌山県紀中・日高地域の中核都市であり、熊野古道もあります。

藤田町藤井はJR紀勢線道成寺駅から約450メートル南ののどかな住宅街。

上記画像の左側が報道にあった被害者の自宅になります。

上記画像も報道にありました被害者の自宅です

一階平屋のかなり築年数が経過しているように見える建物ですね。

80歳男性はここに足繁く通っていたのでしょうか。

ネットの反応は

80になってもモテるっていいなぁ。あっ!若い子にね。

幾つになっても恋愛に対する嫉妬心は変わらないものなのか
いやあ、元気やなあ。

じいさんは年をとると童心に帰る。
たぶん中学生になっていたと思う。

いや~キツイっす

老人でも嫉妬で事件沙汰になる今のご時世ですね!50,60代は、まだまだ若造なんですね。
80代まで現役で尊敬します。

全裸で死んでたって、そう言う事?って想像してしまう。

Yahoo!ニュースより引用

「女は幾つまで ・・・?」という質問に大岡越前守の母は、それに答えず無言で火鉢の灰をかきまわしたという逸話があります。

女は死ぬまでという事になりますよね。

スポンサーリンク