Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田村真樹の顔画像!介護士が窃盗・動機は発覚を恐れ殺害か?横須賀老人ホーム

シェアする

追記:1月25日

介護士が老人ホームの女性の口座から勝手に9回に渡り125万円を引き出していた。

被害女性が警察に相談した翌日に死亡!

発覚を恐れ薬物で殺害か?

スポンサーリンク

事件の概要

1月24日、神奈川県横須賀市の老人ホームで、80代の女性のキャッシュカードを使って複数回現金を引き出したこの施設で働く介護福祉士の男が逮捕された事件です。

女性の口座から15万円を引き出したとして、この施設で働く介護福祉士の男が逮捕された。

警察によると24日朝、横須賀市の老人ホームの部屋で、80代の女性が意識を失っているのを職員が発見し、女性は病院に搬送されたがその後、死亡した。目立った外傷はなかった。

この施設で働く31歳の介護福祉士の男が今月5日、女性の口座から現金15万円を引き出していたことがわかり、警察は24日夜、男を逮捕した。

女性の口座からは9回にわたりおよそ125万円が勝手に引き出されていて、女性は23日、警察に相談していたという。

出典:http://www.news24.jp

スポンサーリンク

顔画像は

出典:https://news.tv-asahi.co.jp

氏名 田村真樹

年齢 31歳

職業 介護士

Facebookを調べて見ましたが同姓同名が複数あるものの特定はできませんでした。

気になる方は見て下さい。

田村真樹の検索結果 ⇒ こちら

発覚の経緯

1月23日

被害女性は使った覚えのない金が口座から下ろされている」と警察に相談。

1月24日

24日の朝、女性が朝食に姿を見せなかったため、職員が施設3階の女性の部屋を訪ねたところ、いすに座った状態で足を伸ばした状態で座っているのを発見されました。

部屋で意識不明の重体で見つかり、119番通報して搬送先の病院で死亡が確認されました。

目立った外傷はなく、室内に荒らされたり外部から侵入したりした形跡もないという。

ATMの防犯カメラの映像などから、警察は24日夜、田村容疑者を逮捕された。

スポンサーリンク

発覚を恐れ殺害か?

被害女性は23日、警察に相談していた翌日死亡していた事から、発覚を恐れ隠蔽のため殺害したのではないでしょうか。

勝手に引き出されていた9回に渡る約125万円についてを、警察に相談できるしっかりした女性です。

こんな非道をする田村容疑者は、よほどお金に困っていたのでしょうか。

身寄りが無かったり家族は遠方で、なかなか会いに来れない入居者を狙ったのかも知れません。

追記:1月25日 死因は絞殺と判明

県警が25日司法解剖した結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死だったことが分かり、殺人事件と断定されました。

犠牲者になった被害女性は菅谷伊津子さん89歳です。

体力も衰えている高齢者を手に掛ける卑劣な行為に胸が苦しくなります。

田村容疑者は犯行を認め「借金があった」と話しているという。

この1カ月で約125万円が引き出されているので、複数社からのローン返済か、高利貸しからの返済を迫られていたのかも知れません。

スポンサーリンク

事件現場は

神奈川県横須賀市大矢部1丁目9−31

横須賀グリーンヒルケアハウス 老人ホームの3階

出典:http://www.news24.jp

ネットの反応

亡くなる前日には他の職員を通じて警察に被害を申告したらしいです。その翌日に寿命で亡くなりますかね。自分の祖母が同じ目にあったらと思うと耐えられません。きちんと調べていただけることを願います。

この施設に就職の面接で行ったが、採用されなかった。でも良かった!! 

このことが目的で老人ホーム職員になったのかな。介護しながらお金持ってそうな人を探ってたとか?
ニュースで見てはじめは介護士さんのお給料上げてあげなよと思ったけど、その後死亡してたって知ってそういう問題じゃないんだと思った。

無抵抗の高齢者から預金をくすねることに
何の抵抗も無かったんか。何のために
ホームの職員になったんや、こら。

人様の預金に手をつけバレないとでも思ったか
いやバレると思って証拠隠滅を計ったか
手癖の悪さは見分けられないから怖いね
 

Yahooニュースより引用

高齢弱者にこんな事をする介護福祉士がいたとは許せない出来事です。

菅谷伊津子さんはこんな形で人生の最後を迎える事が無念だったと思います。

スポンサーリンク