Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三平稔副校長の顔画像あり!ヤクザを行かすぞ生徒の父を脅迫!パワハラ暴言が蔓延・千葉文理開成高校

シェアする

3月29日:追記

「ヤクザになりたかったらいつでも言って。先生全部仲間が幹部だから。いろんな教え子がいるから」と自慢げに話すのは、なんと私立高校の副校長!

生徒の父親を脅迫していた。

学校内は、教員に対してもパワハラ暴言が蔓延。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県の私立高校の副校長三平稔被告が、生徒の父親を脅迫した罪で起訴され3月27日、千葉地裁から罰金20万円の判決を言い渡された事件です。

男子生徒は、暴行の疑いで退学処分とされたが、その後、暴行がなかったことが判明し、復学を求めた。

これに対して、三平被告は「何だかんだ言ってんじゃねえよ。仲間どこにでも行かすことができるぞ」などと、生徒の父親を脅迫した罪に問われ、「脅迫は行っていない」と無罪を主張していた。

生徒の父親は、「これ以上怒らせると、本当にヤクザを出してくるんじゃないかという気持ちになって、早く電話を切りたい気分。まず子どもを守らないとという気持ちが出てきた」と話した。

千葉地裁は、判決で「教職としてあるまじき行為」と指摘、罰金20万円を言い渡した。

出典:https://www.houdoukyoku.jp

三平被告は、取材にも応じず無言で裁判所をあとにした。

スポンサーリンク

顔画像は

出典:https://www.houdoukyoku.jp

画像も実際に反社会的勢力との繋がりがありそうな感じがします。

仲間が幹部と生徒に自慢の様な発言で、本人も憧れていたのでしょうか。

Facebookは同姓同名がありましたが、特定には至りませんでした。

ツイッターはアカウントがないか削除したようです。

パワハラ暴言が学内で蔓延していた

私立学校教員からの労働相談を受け付けている私学教員ユニットによると、

利事長でもある鈴木 淳校長は週に2、3回しか来校しない。

職員の朝の打ち合わせにもほとんど出席しませんが、出席した日は最悪で学校とはほとんど関係のない話を延々し続け、始業のチャイムが鳴ってもお構いなし。

① 長時間労働で24時間気が休まらない。

② 休憩を1日1時間ないし45分、自由時間として取得できる環境を整備されてない。

③ 厚生労働省の過労死認定基準(月80時間残業)に近い長時間労働をしている人がいる、休憩未取得分、早出・残業及び休日出勤分の未払い賃金がある。

④ 理事長(校長)や管理職(とは副校長?)からの暴言等のパワハラが学内に蔓延している。

⑤ 求人情報や採用過程での説明と実際の労働条件の違いが顕著。

上記内容の改善要求をしていました。

Aさん:労働問題が原因で毎年教員が退職してしまう問題や、 管理職が1日中誰もいないために、現場で起きた事を解決するために膨大な時間を要する事が日常的に多発したり、管理職側の一方的な都合による会議の延期や時間的拘束などにより、私達教職員の仕事量、労働時間、ストレスは、常に限界を超えてきました。

Bさん:校長の「これができなければクビだ」「お前はバカか?アホか?マヌケか?」といった発言は何度聞いたかわかりません。「給料を払っているのは誰だと思っているんだ?俺だろうが!」という言葉で教職員を抑え込むやり方には教職員全員がため息をついています。

中学校の先生からは「あの校長がいるからうちの生徒は預けられないな」とも言われている学校です。当然です。

http://shigaku-u.jpより抜粋

公立ではなく市立なのでこのようなパワハラ実態が起きるのでしょうか。

校長がこのような校風のあれば、副校長がパワハラには罪悪感等は持たなかったのかも知れません。

しかし、生徒の保護者に堂々とヤクザをちらつかせて脅迫するとは、信じがたい話です。

どうやら学校の取り組み方自体に問題がありそうです。

スポンサーリンク

市立文理開成高校

目の前には広々と太平洋が広がる外房です。

全日制と通信制を有している高校で、全日制の普通科の学科内専門コースは、普通コースと大学進学コース、医学部進学コース。

偏差値 40 – 51
千葉県内 149位 / 337件中
千葉県内私立 77位 / 136件中
全国 3337位 / 10,099件中

特徴的な教育システムとしては、東大ダイレクトというシステムを有していて、特に優秀な東大生に毎週土曜日にチューターとして直接指導を受けることができるそうです。

3月29日:追記  28日に副校長が辞任の申し出をし受理される

28日、学校が会見を開き謝罪し、釈明した。

学校の会見「ご心配とご迷惑をおかけしたことを心からおわび申しあげたいと思います。申し訳ございません。(三平前副校長は)部下にも敬語と丁寧語を使うような人物です」

出典:https://www.ytv.co.jp

学校側は、三平被告について処分を検討するとした結果辞任になりました。

ですが、謝罪会見で擁護と思われる言葉も。

週に2~3回しか来校しないので把握していなかったのか、三瓶前副校長が相手の立場により態度を変化させていたのか、両方かもしれません。

近く保護者会で説明があるそうです。

辞職ではなく辞任なので、副校長の座は降りるけど他の任務に就き学校に残るという事です。

それとも辞職して、就活で親しいという仲間の暴力団幹部の所へ行くのでしょうか?

ネットの反応

いや、解雇だろ…

これからは録音の時代です。
録音が無ければ水掛け論になる。

この教師は本当にヤクザ絡みの可能性がある。

これで懲戒免職にならないなら校長が辞めるべき。

・ うーん、酷い記事だな
結局暴行はなかったのか?あったのか?
生徒は不良なのか父親はまともなのか?
なぜ何もしてないのに濡れ衣で退学になったの?
大事なとこが分からんな

Yahooニュースより引用

スポンサーリンク