Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日産の司法取引!役員報酬がなぜ金融商品取引法違反?情報提供はだれ?カルロスゴーンの逮捕

シェアする

日産のカルロス・ゴーン氏が5年間の報酬100億円が虚偽の50億円の虚偽記載で逮捕されるという桁外れニュースです。

司法取引をした人は誰?

スポンサーリンク

日産の司法取引

会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)ら代表取締役2人を金融商品取引法違反有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕し、日産本社などを捜索した。

日産は同日夜、2人を解任する方針を明らかにした。

ほかに逮捕されたのは、同社代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)。

関係者によると、特捜部は今回、ゴーン容疑者らの虚偽記載に関与したとみられる日産関係者との間で、捜査に協力する代わりに刑事処分を軽くする日本版「司法取引」(協議・合意制度)に合意したという。

出典:https://www.yomiuri.co.jp

逮捕の背景は内部通報を数か月前に行われていた!?

ゴーン会長の部下との間で東京地検特捜部が、捜査協力の情報提供する代わりに刑事処分を軽減する合意をしているという。

司法取引制度は今年6月から適用になってから、今回で2回目です。

スポンサーリンク

なぜ役員報酬が金融商品取引法違反?

出典:https://www.yomiuri.co.jp

 

カルロス・ゴーン氏の巨額報酬の過小申告をした事が、なぜ金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)なるの?

個人の株の売買で儲けた金額の申告漏れではないのに・・・

金融商品取引法では、

有価証券取引報告書に業績や役員ごとの報酬額などを正確に記載する事を義務づけ、企業の代表者らが違反すると法人にも罰金が科せられる場合がある。

という事でした。

情報提供者は誰?

辣腕経営者として世界的に知られたカルロス・ゴーン氏を逮捕に至らせた勇気あるリーク元は誰なんでしょうか。

地検特捜部の捜査が終わらない限り公表されることはないと思います。

捜査が終わっても公表はむずかしい可能性が高いのではないでしょうか。

ですが、1人なのか複数なのか気になります。

司法取引は自分の罪を軽くしてもらう代わりに状況提供をするので、日産社員の中でも、上層幹部でないとそれなりの情報を持っていないと思われますね。

日産の会社情報の役員一覧を見てみました。

取締役会長 カルロス・ゴーン(逮捕)
社長兼最高経営責任者  西川廣人
取締役 グレッグ・ケリー(逮捕)

 

以下は、トップ以外の重要役員人数です。

取締役 6名

監査役 4名

常務執行役員 54名

驚く事に役員の半分は外人だったんね。

監査役は全員日本人(名)ですが、名前ばかりで誰も口出しできる状況ではなかったのかも知れません。

以前から、カルロスゴーン派と西川廣人社長派に分かれていたという。

日産会社情報の役員

スポンサーリンク

なぜマクロン大統領は衝撃?

出典:https://jp.sputniknews.com

マクロン大統領は「フランス政府は、株主としてルノー日産グループの安定性を注視していく」と言ってます。

仏政府は日産と資本関係を持つルノーの筆頭株主だが、政府のルノーに対する経営関与などを巡って対立した経緯がある。

また、マクロン氏は経済相時代の2016年、ゴーン会長の報酬が高額すぎると非難したこともあった。

出典:https://mainichi.jp

1017年度の日産・ルノー・三菱の連合は、自動車販売台数は1060万台の世界2位。

その中で日産は稼ぎ頭になっているので、ルノーにとって日産は収益を出す都合のいい大きな存在です。

フランス政府はルノーの株を15%もつ筆頭株主で、ルノーは日産の株を43% 持っています。

フランス政府は間接的に経営に関与する事ができるので、衝撃的なワケです。

今後の成り行き次第では、多大な影響があります。

スポンサーリンク

海外メディアの反応

仏紙フィガロ

「稲妻が走った」

「ルノー側にとって予想していない青天のへきれきだったようだ」

AFP通信 (フランス最大最古の通信社)

「自動車産業界の巨人」

「(日産・ルノー)連合を維持してきたのはゴーン会長の存在だったとも言える。今後の連合の在り方に影響を及ぼすだろう」

ルモンド紙

日本では「ほとんど神同然」

「彼の(高額な)報酬は常に話題をさらっていた」と指摘。

仏AFP通信は、「自動車帝国の創始者が威光を失った」

英BBCテレビ

「自動車業界の大物で、仏ルノー・日産連合の要として信頼されてきた」

「会計上の不正行為で自動車業界の経営トップが逮捕された」

米CNN

「ゴーン会長の長年の重大な不正行為が発覚し、日産は会長職を解任する方針」

ニューヨークタイムズ

「日産の金融崩壊を救った人とされていたが、逮捕はゴーン氏にとって驚くべき転落だ」

関連記事

日産代表取締役の指示!グレッグ・ケリーはアメリカ国籍・どんな人?司法取引の執行役員は?

ゴーンの娘・大学の寄付金も日産から?家族旅行費用数千万円も!華麗なる流用一族の顔画像

ネットの反応

これからまだまだ驚く事がでてきそうな感じです。

スポンサーリンク