Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

藤井亮佑の顔画像あり!詐欺窃盗でNHK集金名簿の悪用繰り返す・名古屋放送局の委託会社社長

シェアする

追記:11月12日

NHK受信料集金受託会社の社長が、名簿の個人情報を使って高齢女性からキャッシュカードを窃盗

2人で共謀し集金名簿で成功しそうな家を選んでいた!

NHKの不祥事とも言える!?

スポンサーリンク

事件の概要

11月9日、NHK受信料受託会社の社長が集金名簿を利用し詐欺窃盗をしていた事件で逮捕された事件です。

NHKから受信料の集金業務を委託されていた会社の社長の男が、愛知県警に窃盗容疑で逮捕され「契約者の名簿に載っていた個人情報を基に特殊詐欺をした」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

男はNHK名古屋放送局・中央営業センターから集金業務を受託していた名古屋市昭和区の藤井亮佑容疑者(29)で、同県長久手市の無職大浦悟被告(21)=窃盗罪で起訴=と共謀。

大浦被告は9月27日に警察官に成り済まして同県内の80代の女性宅を訪れ、キャッシュカード1枚を盗んだとされる。

藤井容疑者は名簿記載の個人情報を大浦被告に携帯電話のメッセージで伝えていた。

出典:共同通信

スポンサーリンク

顔画像は

出典:https://www.rh-navi.jp

株式会社ユニオンメディアサービスの「社員の声」に掲載されている画像です。

氏名 藤井亮佑
年齢 29歳
住所 名古屋市昭和区
職業 NHK集金業務受託会社長
容疑 窃盗罪

この「株式会社ユニオンメディアサービス」の起業情報の代表者は別人でしたので、退社しているのではないかと思われます。

その後独立起業したのかもしれませんが、会社名や所在地に関しては公表されていませんでした。

スポンサーリンク

他にも余罪

捜査関係者によると、藤井容疑者は「名簿から(特殊詐欺の)対象の家を選んだ」と供述しており、県警は、2人が契約者情報を繰り返し悪用していたとみて、実態解明を進める。

出典:https://this.kiji.is

詐欺には、掛子けや受けや受け子がいますが名簿は当然必要になります。

個人情報が利用手に入るNHKの集金を兼ねながら副業を思いついたのではないでしょうか。

その前職もNHKの集金をやっていたようで、長時間拘束され、精神的にも体力的にも限界を感じてたという事から、窃盗詐欺へと路線変更したのかも知れません。

NHKは「委託先事業者への指導をさらに徹底する」とは言っていますが、TV番組も有事以外はあまり見ない人が多いので、できればスクランブル放送にしてほしいものです。

スクランブル放送とは

スクランブル放送とは、テレビ放送で契約した人だけが視聴できるようにする、限定受信化システムの事です。(WOWOW、BSやCSなど)

2017年に石田真敏総務大臣はNHKは災害報道や政権放送などを担う公共放送であり、NHKと民放との二元体制により発展してきたと説明し、「NHKのスクランブル化は放送の二元体制を崩しかねない」と否定的です。

一昔前に比べると情報番組や放送など多種多様になり、TVをあまり見ない人も増えてきてSNSが情報源の人も多くいます。

ですがNHKの契約が義務付けられているので支払わなければなりませんけど、それにしても受信料収入が毎年7000億円余りもあるとは凄いですよね。

ワンセグ携帯も受信料の負担義務があり、この半ば税金のような受信制度を何とかしてしてほしいなど普段からNHKの放送を視聴しない人からは不満の声もあります。

ここで「NHKのスクランブル化」を主張する、NHKから国民を守る党(N国)が出番、頑張ってもらいたいですね。

追記:11月12日 名簿で高齢者らしい名前を選んでいた!

以前2人は豊田市の会社で働いていて、藤井容疑者は去年12月に退職。

その後、新たに会社を設立し、NHKが全て外部に委託している受信料の集金業務を今年7月から請け負い始めました。

務を藤井容疑者の会社にNHKが委託した担当エリアは、名古屋市と春日井市の一部のエリアです。

藤井被告は「名簿から高齢者らしき名前を選び、個人情報を伝えた」と供述、その数は約30人いう。

ネットの反応

あらあら。どんな名簿でもカネになるのは事実ですが。委託された会社がやるとは。

当然こういう人間が一番悪いが
もっと言えば強制徴収をするNHKにも問題があると思う
今の時代個人情報は詐欺に使われるのに何をやってるのか

NHKの名簿情報は結構売られているかもしれないな。
特に昔は、集金とか契約については、結構怪しい会社や人に委託してること多くてトラブル多かったし、そういった人たちはすぐに名簿屋に情報売るからな。
NHKにはしっかり委託先に対して教育してもらいたい。
被害が出た場合はNHKが補償するくらいでいいだろう。

これはN国は、調査すべき事案ですね。

口座振替で払っていますがNHKをほとんど見ないので振り替えられる度にこのお金があればと思ってしまう。スクランブル放送が可能ならそうして欲しいです。災害の時などはお金を払ってでもNHKを見ると思いますし…

解約したからと言ってNHKが個人情報を完全に削除したかどうかが分からないのが不安ではある。
実際解約した時にその後状況が変わっていないかを今後も確認しに来るからと集金人に言われたし。

Yahooニュース!より引用

スポンサーリンク