Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

11才男児の子供を産んだメリッサ・モウリー(28)!性的虐待を繰り返した住み込み女・ナニーとは?

シェアする

現在17歳の少年には5歳の息子がいる。

メリッサ・モウリーは雇用後すぐに性的暴行を始め9ヶ月後には赤ちゃんが生まれた!

まさか自分の子だと誰にも言えず苦しんていた少年。

信頼してたナニーにめちゃくちゃにされたと少年の両親は、酷い裏切りと気付いてやれなかった後悔で怒りが納まらない。

スポンサーリンク

事件の概要

10月16日、アメリカで性的虐待を加えた当時11歳だった少年の子供を産み懲役20年の有罪判決になった事件です。

米フロリダ州で住み込みのナニーとして働きながら、当時11歳だった少年に数か月にわたり性的暴行を加え、子供まで身ごもったメリッサ・モウリー(Marissa Mowry、28)に今月16日、懲役20年の有罪判決が言い渡された。17歳に成長した少年の母親は判決後、「まさか、ナニーが11歳の息子に性的暴行を加えるとは思いもしなかった。ナニーによって息子の人生は全く違うものになってしまった」と怒りを露わにした。

フロリダ州パスコ郡に住むキャンベル一家がメリッサ・モウリーを住み込みのナニーとして雇い始めたのは2014年1月のことで、義理の姉妹による紹介だった。法廷証言によると、当時22歳だったメリッサの11歳少年への性的虐待は雇用後すぐに始まり、メリッサはその年の10月には少年の子供を出産していた。

『WFLA』によると、メリッサは出産後も住み込みのナニーとして働き続け、少年への性的暴行は数か月にわたり少なくとも14回続いたほか、2016年から2017年にかけても数回行われていたようだ。

少年の両親はメリッサが産んだ男児がまさか自分たちの孫であるなど考えもせず、メリッサが出産した病院に少年を連れて見舞いにまで訪れていた。

母親のナディーンさんが息子からメリッサによる性的暴行について打ち明けられたのは2017年のことで、メリッサはその年の6月に逮捕され、警察のDNA鑑定により子供は少年の実子であることが判明した。

今年9月に12歳以下の児童への性的暴行を認めていたメリッサは、司法取引により終身刑を免れ、今月16日に懲役20年、10年間の保護観察の判決を受け、性犯罪者として一生涯登録されることになった。

裁判所に17歳になった息子と一緒に姿を現したナディーンさんは、『Tampa Bay Times』にメリッサに対する激しい怒りをこうぶちまけた。

「女性が性的暴行の加害者になり得るなんて、当時は頭にありませんでした。私たちはメリッサを娘のように思って接していたのに、こんな酷い仕打ちを受けるなんて…。息子は当時11歳で、ティーンエイジャーにもなっていませんでした。メリッサは息子の子供時代を奪ったのです。息子は普通のティーンエイジャーのような生活はできません。5歳の子供がいる17歳の息子とデートしてくれる子なんてほとんどいませんよ。」

「現在、孫は私が面倒を見ていますが、息子は学校から帰ると裏庭で一緒に遊んでいます。息子の人生はメリッサによって変わってしまいました。それでも息子は父親としての役割を果たそうと必死に頑張っているのです。」

なおメリッサの弁護人は、法廷で「メリッサは両親に虐待され育ち、ホームレスの経験もありました。高校の卒業証書を手にしたのは刑務所だったのです」と彼女の過去を明かしたが、ナディーンさんはこう切り捨てた。

「過去にどんなことがあったとしても、メリッサが息子にしたことは許されることではありません。息子が苦しんでいることに気付かなかったことが、本当に悔やまれます。」

出典:https://news.livedoor.com

スポンサーリンク

発覚のきっかけは

出典:https://7news.com.au

2014年10月、メリッサは少年の赤ちゃんを出産したが、両親はまさか息子が父親であるとは知りませんでした。

夢にも露程も思いませんよね

Tampa Bay Timesによると、メリッサは少年の両親の知らないうちに、就業中に少年を少なくとも15回暴行していたという。

当初メリッサのボーイフレンドの子供だと思われていましたが、性的暴行を最初に起こしてから3年後の2017年6月、少年は母親のナディーンキャンベルにモーリーの虐待について話しました。

母親は警察に話し警察はDNA検査で確認し息子が子供の父親であることが発覚、事件となりました。

父親になった少年は

出典:https://www.thesun.co.uk

2年前の発覚後のメリッサは、ウェイトレスとして働いていたタンパのブッシュガーデンテーマパークで逮捕後、性的暴行で起訴されヒルズボロ郡刑務所に移送されていました。

判決に彼とメリッサの5歳の子供と一緒に現れた現在17歳の少年は、『高校を卒業する間、父親になるために全力を尽くしています』と話したという。

愛情溢れる家族の下で少年は、素直で優しい性格に成長できたようです。

少年の母親が面倒を見て一緒に暮らしていますが・・・

判決の後に記者団に語った少年の母親は、メリッサを次女だと思っていたと言う事から家族同然に可愛がっていたと推測できます。

両親は裏切られ、計り知れないショックはいうまでもない

スポンサーリンク

ナニーとは?

ナニーとはイギリスで発展した職業で、住み込みで起床から就寝に至るまで一日中関わって働き、子どもと寝食を共にする母親代わりに育児をする専門職のことをいいます。

生活を一緒にしていく中で食事の仕方やテーブルマナーや話し方、身のこなしや部屋の後片付けなどを学校に行くようになるまでの時期に保護者に代わって躾けるという、子どもの教育まで踏み込み継続的に関わっていく仕事です。

イギリスでは伝統的な養成校があり、ナニーとして働くためには国家試験を突破して資格を得る必要があるほど確立した職業としてみなされているという。

日本ではあまり馴染みがないのでイメージ的にはベビーシッター+教育係の様な感じでしょうか。

ですので一時的な子守りとは性質が根本的に違い、言わば乳幼児教育の専門家になるのでナニーがいる家庭は、それなりに裕福と思われます。

司法取引で終身刑を免れた

司法取引によって終身刑を免れる事ができ、今月16日に懲役20年の判決が下された。

メリッサの刑務所からの釈放時には、10年の性犯罪者保護観察を完了する必要はあります。

しかし性犯罪者として一生涯登録されることになりました。

日本では女性の性犯罪者はあまりありませんが男の性犯罪は毎日の様にニュースに流れます。

刑量が軽すぎるのではないでしょうか。

性犯罪者は繰り返すといいます。

日本でも卑劣な性犯罪者には一生涯登録し、刑を重くしてほしいものです。

スポンサーリンク