Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不思議な贅沢着物!1年間の内たった1週間だけ許される紗無双! 

シェアする

着物ファンなら一度は着てみたい、一枚はほしい紗無双ですが、目にする機会も少ない着物です。

そんな短期間限定の、紗無双とは、、、

スポンサーリンク


贅沢着物の紗無双とは?

6月下旬の10日間だけの究極のおしゃれと言われ、盛夏の絽や紗をの衣替えの前に、着る事ができる着物です。

6月は単衣着物に変わり、盛夏の7月8月は絽や紗を着ますが、その変わり目の6月下旬だけ、長くても2週間までです。

この紗無双は、内側も外側も、うすい透け感のある紗と呼ばれる生地を、2枚重ねあわせ仕立て上げたものです。

夏が終り単衣になる9月の初旬にも、紗無双を着ることができますが、柄が秋のものでなければ、着れません。

なので、持っている人も、着る人も少なく、見る事さえ難しい贅沢な着物なんですね。

今は生産量が激減している様ですが、新潟県十日町産が一番多いようです。

紗無双の特徴

二反分の紗でできていますが、夏物の生地なので普通 の生地の、一反分の重さに作られています。

内側の紗は白で、基本的に格のある訪問着や附下ですが、外側は、白ではなく淡い色や濃い色、または、ぼかしの紗と合わせ、透け感を楽しむ着物。

透けて見える内側の柄と外側の柄が合わさり、奥行きのある初夏の清涼感に目を奪われます
提供:https://event.matukawaya.com/article.php/20140508190503931

また紗自体は目が粗いので、2枚の織物を重ね透かして見ると、波型模様や木目模様のモアレ感が強く、歩く度に形が変わり清流を思わせ、更に涼やかに

提供:http://www.ito-wasai.jp/shitate/shitate016.html

んなステキな着物きて歩いている人がいたら、立ち止まって見てしこまいますね。

紗合わせと二重紗とは

紗合わせとは絽と紗の2枚の生地を合わせて、1枚の着物に仕立てます。紗無双も紗合わせとも呼ぶようです。

提供:http://www.yamamoto-gofukuten.com/blog/kimono/houmongi/4569/

左は内側の紗の柄を裏から、右は外側の紗と合わせて表から

二重紗は、よく混同されますが、織り方の名前で、織りあがった段階で生地が二重になっていて、反物の裏表の織り方が複雑な1枚の着物になります。

紗無双・紗合わせ・二重紗のいずれも、襦袢は絽か紗の夏物を着て,小物は絽の帯揚げと夏の帯締めが一般的です。

まとめ

外国人には、いま空前の日本ブームで、レンタル着物を着て写真を撮ったりしてますね

ですが着物を持っていても、洋服のほうがずっと楽で、着るチャンスは結婚式や成人式くらいで、この先何年も着る事は無いのではと。
なので、紗無双を着たら絶対注目アップ!

スポンサーリンク