Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

泉房穂(ふさほ)エリート明石市長の暴言は日常か!録音されてた「火をつけてこい!」辞職か

シェアする

明石市長が立ち退き担当の職員に、弁護士とは思えない暴力団の様な言葉が録音されていた!

「物件に火をつけて捕まってこい、おまえ、ふざけんな!損害賠償 個人で払え!」

スポンサーリンク

騒動の概要

2017年6月、明石駅前の道路拡幅に立ち退き交渉が進まず市長室で担当職員にパワハラ発言をした。

兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が道路の拡幅工事をめぐり、物件の立ち退き交渉を担当する職員に対して「(物件を)燃やしてしまえ」「今日(物件に)火つけて捕まってこい、お前」などと暴言を浴びせていたことがわかった。泉氏は28日、朝日新聞の取材に発言の事実を認め、29日にも記者会見して経緯を説明するとした。

出典:https://www.asahi.com

泉氏は「市政に責任がある。有権者の判断を仰ぎたい」と述べ、辞職や立候補の断念については否定しているという。

スポンサーリンク

顔画像

「やさしいまち」というのは、みんなで支え合い、 助け合える居心地のよいまちであると同時に 「強いまち」であると考えています。

オフィシャルサイトには「やさしいまち」とありますが…。

辞職については言及してませんが、世論によるかと思います、昨年12月、任期満了に伴う4月の選挙には立候補を表明しています。

録音されていた

約1分半にわたる録音データによると、

市長「そんなもん6年前から分かっていること。時間は戻らんけど、この間何をしとったん。遊んでたん。意味分からんけど」

職員「金額の提示はしていない」

市長「7年間、何しとってん。ふざけんな。何もしてへんやないか7年間。平成22(2010)年から何しとってん7年間。金の提示もせんと。楽な商売じゃお前ら。あほちゃうか」

職員「すいません」

市長「すまんですむか。立ち退きさせてこい、お前らで。きょう火付けてこい。燃やしてしまえ。ふざけんな。今から建物壊してこい。損害賠償を個人で負え。安全対策でしょうが。はよせーよ。誰や、現場の責任者は」

全文より抜粋:https://www.kobe-np.co.jp

職員に録音されて発覚したのは、常日頃このような暴言を繰り返してたから職員にレコーダーを用意されていたと推測されますね。

立ち退き交渉は金銭面で折り合いがつかず時間が掛かるものです。

まさか本気で言ったとは思えませんが、熱意がこもり過ぎて公務員としては使ってはいけない言葉ですね。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日 1963年8月18日

出身地 兵庫県明石市

出身校 東京大学教育学部

職歴 ・NHK職員

・石井紘基民主党衆議院議員の秘書

・神戸市や明石市で弁護士事務所を開設

・衆院議員初当選

・2011年5月より明石市長に就任

取得資格 ・弁護士

・社会福祉士

とてもエリートな方ですが、職員の仕事がもどかしく自分と同じ能力を求めてしまったのかも知れません。

兵庫県明石駅前開発

明石駅前南地区再開発事業

交渉はその後、まとまり、18年春にビルは撤去され、道路拡幅工事は20年頃に完了する見通しのようです。

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク