Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田村政人の顔画像や動機は・旅館は本家庵!父親を刃物で刺す・猿ヶ京温泉殺人未遂事件

シェアする

みなかみ町の猿ヶ京温泉で、旅館経営者の父親を刺すという痛ましい事件がありました。

たった1人の父親を刺し殺そうとした34歳の息子の動機とは、いったい何?

スポンサーリンク

事件の概要

9月1日、群馬県みなかみ町猿ケ京温泉で、父親を刃物で刺し殺人未遂の疑いで旅館業手伝いの田村政人容疑者(34)を逮捕した事件です。

「間違いない」と容疑を認めている。

旅館業、孝之さん(59)の頭や首、腹などを刺して殺そうとしたとしている。孝之さんは重傷。

沼田署によると、田村容疑者と孝之さんは2人暮らし。宿泊していた親族が119番し、署員が駆け付けると、衣服に血が付いた田村容疑者がいたという。

出典:https://www.sankei.com

スポンサーリンク

顔画像や動機は

田村政人容疑者の顔画像は、報道では現在の所まだ公開されていません。

氏名 田村政人
年齢 34歳
職業 旅館業手伝い
容疑 殺人未遂

FacebookやTwitterを調べて見ましたが同姓同名はあるものの特定はできませんでした。

容疑は認めましたが、動機などを警察は詳しく調べています。

父親を殺害しようとするほどの動機はいったい何だったのでしょう。

頭や腹などを刃物で複数回刺すという強い殺意、考えられる事の推測です。

* 経営方針について2人は以前からもめていた。

* 親子間で金銭トラブルがあった。

* 親元を離れて自力で生活をした事がなく、経営の厳しさも親のありがたさも客観視できない井の中の蛙、わがままが昂じた結果になった。

* 容疑者は元々激昂しやすい性格で家庭内暴力が度々あった。

等ですが、大切な親を殺害しようなどあってはならない行為です。

詳細情報が入り次第、追記します。

旅館名は「本家庵」

猿ケ京温泉の民宿です。

上記画像は2014年6月のものです。

お店は準備中になってますが『⇒ふれあいの湯 入浴・宿泊』の看板の前に、白っぽい服装の人がいます。

手袋をはめ男性が松の木の下の草取りをしている様にに見えますが、孝之さんではないでしょうか。

出典:https://www.ekiten.jp

うどんとお蕎麦のお店としても営んでいたようです。

20080923131722

20080923132458

20080923132441

入ってもすぐに店員さんが来てくれるわけではないので、呼びましょう。
お兄さんが1人で、一生懸命に運んだり、お会計しています。

【2008/12/02 00:12】

出典:http://chocohito.blog52.fc2.com、

11年前の投稿から抜粋しました。

まいたけ天ぷらうどんの向こうに映るポッチャリお腹の主は、2008年当時の店員の「お兄さん」政人容疑者かも知れません。

温泉入浴のみもある様で、5~6人が入れる用の湯舟利用が500円とありました。

出典:http://blog.livedoor.jp

息子のお手伝いで経営するこじんまりした民宿施設ですが、本家庵のHPは作ってないようです。

スポンサーリンク

猿ヶ京温泉

群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉

出典:https://sp.jorudan.co.jp

約40軒の宿泊施設が存在しホテルや旅館は16軒、それ以外に温泉民宿や日帰り入浴専用施設があります。

温泉の歴史は約400年前からで、宿場町として開けました。

名前の由来は「猿が大やけどを負った子供を温泉に入れて助けた」とされる事からついたようです。

ダム湖の赤谷湖

出典:https://ja.wikipedia.org

ですが、元々あった温泉街は相俣ダムが建設される事になり温泉地がダムの湖底に沈む事になる為、現在の温泉街へ1958に移転しました。

ネットの反応

親子での殺人が多い
この旅館や残された親族は大変だろう

経営について、それぞれの食い違いとかかな?
親子だから、より口出ししてしまう事も多いしね。
しかし、犯罪者になってしまって、この先どうするんだろ…

産まれた時は歓喜し、可愛がっていた息子に、まさか刺されるなんて…。

簡単にひとを刺殺するやつが多くなったね。
裁判屋の人権屋かぶれの甘い刑罰が、
犯罪の抑制になっていない。
これからもっと増えるね。この類の殺人事件。

Yahooニュースより引用

スポンサーリンク